top of page

Profil

A rejoint le : 7 juin 2022

À propos

井上尚弥vsドネア戦、放送時間と視聴方法は?思い出される3年前の“ある出来事【テレビ・配信】井上尚弥vsドネアの試合日程 開始時間 無料中継予定 𝟮𝟬𝟮𝟮年𝟲月𝟳日



【📺📱👉井上vsドネア 生放送🔴】


【📺📱👉井上vsドネア 生放送🔴】



昨日の前日計量では、両者ともしっかり調整したバキバキのボディで一発パス。本日の決戦に両者とも「最高の夜にする」と3団体統一を確信する


ゲストに元WBA世界ミドル級スーパ王者・村田諒太の出演。さらに解説陣には元世界3階級制覇王者の長谷川穂積、“神の左”元世界バンタム級王者・山中慎介が務める。

 MCはくりぃむしちゅーの上田晋也と、タレントの竹内由恵。実況はフジテレビの森昭一郎アナウンサーと立本信吾アナウンサーが担当する。


最初に[WBOアジアパシフィック&日本スーパーバンタム級王座統一戦]としてWBOアジアパシフィックスーパーバンタム級王者・井上拓真(大橋)vs.日本同級王者・古橋岳也(川崎新田)の日本&WBOアジア統一戦。

次のセミファイナルでは[日本スーパーライト級タイトルマッチ]としてWBOアジアパシフィック&日本スーパーライト級王者・平岡アンディ(大橋)vs.赤岩俊(マナベ)、21時前後から井上尚弥とドネアの試合がライブ配信される予定だ(開始時間は前後する場合あり)。



井上尚弥選手はこれまで同じ選手と二度戦ったことはない。ドネア選手との約2年7ヶ月ぶりの再戦は、主要4団体の王座統一を見据えたプライドをかけた戦いになる。


プロボクシングの井上尚弥選手(日本)とノニト・ドネア選手(フィリピン)の一戦が6月7日、さいたまスーパーアリーナで行われる。


井上選手は現在、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級の統一王者。一方のドネア選手は世界ボクシング評議会(WBC)の同級王者で、同試合は3団体の「王座統一戦」となる。


両者は2019年の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」で対戦。この時は井上選手が12Rを戦って3-0で判定勝ちしている。


井上選手は2Rでドネア選手の左フックを顔面に受け、右目の上から出血。それでも終盤11Rに井上選手が放った右アッパーからの左フックでダウンを奪った。


壮絶な戦いは、ボクシングファンの心をしっかりと掴んだ。


試合後、井上選手は「ドネア選手がめちゃくちゃ強かった。(右目上を切った)2回から最後までぼやけていた。世代交代といえる内容ではなかった。これが今の実力」と語っていた。


「トロフィーを一晩貸して」。ドネア選手への計らいが感動を呼ぶ

この試合の後、井上選手がドネア選手に見せた対応も感動を呼んだ。


ドネア選手は井上選手に優勝トロフィーを一晩貸してくれと頼むと、井上選手がそれに応じたという。


ドネア選手は「私はトロフィーを持ち帰るために日本に来た。息子たちにトロフィーを見せると約束したんだ。涙ながらに、恥をしのんで井上にトロフィーを一晩だけ貸してくれないかとお願いしたんだ。僕のためでなくて、約束を守るために」とツイートしていた。


dfghjgkhlj;k'l; gh

井上尚弥vsノニト・ドネア戦、放送時間と視聴方法は?

約2年7ヶ月ぶりの再戦。7日のさいたまスーパーアリーナでの一戦は、Amazon prime videoで独占ライブ配信される。地上波などテレビでの放送はない。


Amazonプライムの会員でない人は、公式サイトから30日間の無料体験に申し込むか、月額500円で会員になる必要があるので注意が必要だ。


SNSでは「テレビでやってほしかった」「世界戦なのだからテレビで見たい」という率直な意見も数多くあがっていた。


番組では午後6時半から「井上拓真 vs 古橋岳也」「平岡アンディ vs 赤岩俊」、午後9時前後から「井上尚弥 vs ノニト・ドネア」の注目の一戦をライブ配信予定だという。


日刊スポーツによると、井上選手は前日軽量時、「ドネアも調子が良さそう。こんなにワクワクする試合は久しぶり。明日は思う存分、暴れたい」と気合のコメントを残した。


井上選手はバンタム級で主要4団体の王座統一を見据えている。そのためには今回、ドネア選手に勝ち、3団体統一チャンピオンとなることが必要だ。


ちなみに、井上選手はこれまで同じ選手と二度戦ったことはない。ドネアとの再戦は、王座統一はもちろん、自身のプライドをかけた戦いになる。



プロボクシングWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC世界同級王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)との3団体王座統一戦に臨む。


6日には横浜市内で前日計量に臨んだ井上はリミットの53・5キロ、ドネアも53・4キロでパスした。計量後、両陣営によるルールーミーティングが開催。WBCが採用する公開採点(4、8回終了後)、インスタントリプレーが採用されることが確認され、スポーツドリンクの使用も認められた。


19年11月、階級最強を決めるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で開催された井上-ドネア戦ではWBAスーパー、IBF王座のため、公開採点はなかった。


インスタントリプレー採用についてはダウンかスリップか、カットがヒッティングかバッティングかなどの再確認などで生かされる。既に3月のWBC世界ライトフライ級タイトルマッチの矢吹正道-寺地拳四朗戦でも採用されている。今回のIBFスーパーバイザーを務める安河内剛氏は「あくまでもレフェリーの判断を尊重することに変更はない」と説明した。


使用グローブは井上がメキシコ製レイジェス社、ドネアもメキシコ製エバーラスト社を使用。レフェリーはマイク・グリフィン(カナダ)、ジャッジはデビット・サザーランド、パトリック・モーレイ(ともに米国)、ジャン・ロベール・レーヌ(モナコ)が務める。

【テレビ放送】井上尚弥vsドネアの日程・開始時間は| 試合の無料ライブ配信・中継予定 𝟮𝟬𝟮𝟮年𝟲月𝟳日

Plus d'actions
bottom of page