犬のしつけ やってはいけない事

犬のしつけでやってはいけない事

犬のしつけをするうえで、やってはいけないタブーがあります。
なにげなくやってはいませんか?

 

叩く

子犬の時から叩いて叱ると、ひねくれた性格になったり、人間不信になってしまいます。大人しくなるからといって、叩いてしかるのは間違いです。

 

名前を呼んで叱る

叱るときに名前を呼ぶと、「自分の名前=叱られる」と思ってしまいます。そうすると、飼い主が名前を読んでも無視するようになってしまいますよ。叱るときは『ダメ!』など、言葉を決めて叱りましょう。

 

騒ぐ

犬がトイレを失敗したり、物をこぼした時にはついイラっときて、ヒステリーに騒いでしまう人もいるでしょう。そうするとワンコは自分が叱られているとは気づきません。もしくは、なんで叱られているのかが分からなくなってしまいます。叱るときは簡潔に。