犬 しつけ方法

犬のしつけ方法記事一覧

成犬からでもしつけは可能

手に負えない大人のワンコ。成犬になったらしつけができないと思っている人もいるようですが、それは大きな間違い!成犬でもしつけをすることは可能です。でも一つ気にしてほしいのは、ワンコが手に負えなくなったのは、飼い主の責任だと言うこと。ただかわいがるだけでしつけをしてこなかった言うことを聞かないときは叩い...

≫続きを読む

犬のしつけでやってはいけない事

犬のしつけをするうえで、やってはいけないタブーがあります。なにげなくやってはいませんか?叩く子犬の時から叩いて叱ると、ひねくれた性格になったり、人間不信になってしまいます。大人しくなるからといって、叩いてしかるのは間違いです。名前を呼んで叱る叱るときに名前を呼ぶと、「自分の名前=叱られる」と思ってし...

≫続きを読む

すぐにお手やおすわりをさせる方法

お手やおすわりを教え込むには、食事やおやつの時が一番!食べ物を目の前に持って行って、「お手」や「お座り」と言いながら、手をとったり、犬のお尻を抑えて座らせます。そして優しくワンコをほめてあげて餌をあげましょう。すると次第に言葉を聞いただけで自分から動いてくれるようになりますよ。自分から動いてくれるよ...

≫続きを読む

拾い食いはどうすれば止めれる

ワンコの散歩中、落ちているものを勝手に食べてしまうことがあります。これはお行儀が悪いだけではなく、食べたものが原因で病気になってしまうこともあるので、ぜひ辞めさせたいところです。拾い食いをやめさせる方法をお教えする前に、ワンコが拾い食いしてしまう理由について、説明しておかなくてはいけません。拾い食い...

≫続きを読む

無駄吠えをさせない方法

ご近所の目も気になるワンコの無駄吠え。無駄吠えをやめさせるのはなかなか大変です。無駄吠えの理由は1.外の物音が怖い。もしくは飼い主のために警戒している2.寂しいなどがあげられます。1の場合、ワンコは悪気なく吠えているので叱っても効果がありません。「どうして起こられたんだろう?と、ストレスを与えてしま...

≫続きを読む

あまがみの治し方

ワンコが甘えたり、興奮してするあまがみ。痛くはないとはいえ、蚯蚓腫れになることも多いですし、子供に対しては思いがけないケガにつながる可能性もあります。あまがみはよくないことを教えるには、噛んだらすぐに「ダメ!」などの決めた言葉で叱ります。大げさに痛がって見せるのも効果的です。そして以下の方法を試して...

≫続きを読む

犬を留守番させる時の注意点

どうしてもしなくてはいけないけれど、ワンコにはつらいこと、と言えば大好きな飼い主さんと離れて一人きりになる留守番です。しかし、留守番は避けては通れないもの。留守番に慣れさせるために、飼い始めて初めの1カ月間にケージの中に入れておく時間をしっかり作りましょう。ワンコをケージに入れたら外から話かけたりは...

≫続きを読む

他人・他犬と仲良くなる

ワクチンの摂取が終わったら、ワンコを待っている一大イベントがお散歩デビュー。子犬は6か月までに社交性を身につけるので、この時期にできるだけ多くの犬や人に会っておきたいものです。お散歩でどうしても他のワンコと仲良くできなかった時には、他のわんこが来ても無視して通過できるようにする訓練をするといいでしょ...

≫続きを読む

マウンティングをやめさせる

ワンコが人の足や他の犬、そしてぬいぐるみなどにしがみついて腰を振ってしまう行為をマウンティングといいます。これは性的な意味だけではなく、興奮が原因だったり、自分が優位であることを示す行動だったりします。興奮するのは、犬の性格によってある程度は仕方ないのですが、普段からスキンシップや遊びをたっぷりして...

≫続きを読む