犬 選び方

飼いやすい犬の選び方

腕白でエネルギーが有り余ってて、いつもトラブルを巻き起こしては飼い主を右往左往とさせる……。

 

映画やテレビの中ではほほえましく見られるわんこのこんな個性でも、いざ自分が飼うとなると、屋内で買おうとしている人や小さな子供がいる家庭などでは難しいと思います。自分だけではなくワンコのためにも、自分の生活スタイルやサイズにぴったり合う犬を選ぶのは大切です。

 

でも、ちっさくて可愛いチワワでも個性は様々。それを小さな犬のころに見極めるのは大変です。

 

ではどうしたらいいのか?

 

犬は人に飼われることにだんだんと慣れてきました。でも、時にはもともとの犬が持っている習性を引き継いでしまった犬もいます。そんな親犬の性格はすべてでがありませんが、一部の子供にも受け継がれるのです。

 

ですので犬を飼いたいけど、ワンパクワンコを飼えない状況の人は、ペットショップで買うよりも親とも対面できるブリーダーのもとで買うのがお勧めです。

初心者でも飼いやすい犬

長毛犬、大型犬など抜け毛が多い犬種では毛の手入れが大変。大型犬は散歩が大変といった具合にそれぞれの家庭環境や生活によって飼いやすさも異なります。

 

犬によっては性格はそれぞれ、飼い主さんの躾けや、環境でも変わってくると思いますので種類で飼いやすいとかは分からないものです。

 

毛が抜けない・賢い・吼えないなどを判断基準にすると、トイプードル。

 

シーズーも飼いやすい犬ですが、抜毛、トリミングなどが必要になります。

 

ダックスフンドも人気ですが、基本的に甘えん坊で愛嬌があり、よく懐くし可愛いですが、よく吼えます。

 

大型犬であれば、ゴールデン、ラブラドールレトリバー、ドーベルマンなどが賢くて飼い易いと思います。